カウンター
[PR] ポイントサイト

10.02.08 谷川恒太次席検事の抗議書

アップするのを忘れてました。谷川恒太次席検事が週刊朝日にファックスした抗議書(クリックで拡大)。明日は週刊朝日の発売日です。上杉隆氏がこの抗議書へ反論します。(ツイッターには、すでに記事を読んだ人から「批判のトーンが低くなっている」というツイートがあがっています。親会社の朝日新聞社に検察から圧力がかかっていることを知っているからですが、明日の記事を読んでみないとわかりません。)



週刊朝日 談
お騒がせして申訳ありません

10.02.06 検察の”犯罪”レポート

TIKEN_20100117202455.jpg

検察の過去の”犯罪”が犠牲者自身によって暴露されてきている。
「...妹は取り調べ中に倒れ一時意識不明になりました。検察庁までタクシーで迎えをよび、病院の「救急救命センター」に入りました。命の危険がありました。通常ならその場で救急車を呼ぶ必要がある状況で、検察官は決してそれをしなかった...」

佐藤栄佐久公式サイト
国民はどこにいるのか。国民は誰が護るのか。【1】


10.02.06 佐久間特捜部長。さようなら、お元気で

sakuma02.jpg 「東京地検特捜部は石川知裕ら3人を起訴、小沢一郎民主党幹事長を不起訴として、小沢氏の資金管理団体をめぐる捜査を終結した。特捜部長は『土地購入の原資の隠ぺいを図った犯罪だ』と明言しながら、原資を明示しなかった。事件の核心部分を公表せず、『実質犯だ』と事件の悪質性を強調しても、これでは国民の納得は得られまい。」(東京新聞1面)
東京新聞拍手パチパチ。

この所ちょっとおかしな記事が目立っていた東京新聞。「東京新聞、お前もか」とする記事を以前ブログに書いたが、またまともになってきた。
検察は、都合の悪いことは「公判で明らかにする」と逃げ、自分に都合のいい情報だけをマスコミにリークする。そのやり方はもうこれからは通用しないということだ。わかったかね佐久間達哉特捜部長。人事異動が近い。これで4度目のチョンボだからね。春が来る頃には名も知らぬ遠方の島に流されていることでしょう。さようならお元気で。

10.02.05 検察は国民の敵である

ついに田中良紹氏が検察は「国民の敵」だと断言した。
今回は、これまでになく氏の筆は過激である。

田中良紹「国会探検」国民の敵

 主権者である国民が選んだ新政権が初めての予算案を組み、それを審議しようとしていた矢先に、「思い込み」によって現職議員を逮捕し、「ガセ情報」をマスコミに書かせ、国民生活に直結する予算審議を妨害した日本の検察は民主主義の原理を無視した「国民の敵」である。民主主義の国でこんな検察はありえない。

        ----- 中略 ----

 こうしてロッキード事件、リクルート事件、東京佐川急便事件、大蔵省接待汚職事件、福島県汚職事件などが次々「でっちあげ」られ、検察にとって目障りな政治家が血祭りに上げられてきた。この検察の「でっちあげ」捜査を後ろからバックアップしたのが新聞、テレビ、旧社会党、日本共産党、公明党などである。これらもまた日本の民主主義を破壊する「国民の敵」と言うべきである。

10.02.04 酔鯨ニュース――ついに怒りの抗議が!



ついに怒りの抗議が!
(コピペ歓迎)

10.02.03 民野×谷川



なんと、民野健治と谷川恒太の二人でアクセス検索ワードの70%を占めます。そこで特別エディションを制作しました。(画像のコピペOKです)

全文はこちら

10.02.02 民野健治(たみのけんじ)の卑劣 2


カレンダー(月別)
11 ≪│2023/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと