カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格下げでっか?

20060831211803.jpg矮惑星とはワイのことでっか?
あ、申し遅れました、ワイは冥王星いいます。アメリカではプルートと呼ばれとります。
なんか、地球では惑星の定義があたらしゅう出来て、それによるとワイは大きさが足らんさかい、惑星の資格を取り上げられて矮惑星に格下げされたそうやなあ。星占いのねえちゃんぐらいはもっとワイの味方してくれる思うたんやけど案外冷たいもんやなあ。
でも、NASAの科学者たちはまだ反対しとるそうやで。彼らにしてみたらそれも無理ないで。考えてみい。今、NASAの惑星探査機「ニューホライズンズ」がワイの所めざして飛んどる最中なんやで。先週まで太陽系第9惑星行きだったんが、いきなり格下の矮小惑星行きに変わるんやから、そりゃ文句のひとつも言いたくなるちゃいますか。ハワイを予定していた高校の修学旅行が突然熱海に変更されるようなもんでっせ。そりゃかなわんで。それに、これまで惑星探査機が訪れていない唯一の惑星がワイやったんや。NASAもほんまに残念やろな。
これだけは言わしてもらうけど、ワイはあんたらが生まれるずーとずーとずーと大昔からここにいるんやからね。それに、あんたらが死んだ後もずーとずーとずーとこのまま変わらんのやからね。
こんなこと言うたら悪いけんど、たかだか100年の寿命しかないあんたら人間がこのワイをつかまえて、大きさが足りんとか、軌道がおかしいとか、よう言うてくれるわ。そんなこと言うあんたらの方がおかしいとちゃうねん。あ、別に腹立てとるわけやないで。ま、ワイは気にしとらんから、好きにしてもうてええよ。
ほな、さいなら。

※もし冥王星に口がきけたらこんなことを言うはずだと想像しました。
変な大阪弁になってることについては、お笑いの本場大阪をイメージした結果であり、他意はございませんので抗議は却下します。


スポンサーサイト

Nikkor Ai 50mmF1.4+Portra400vc

20060831123733.jpg

京橋の掘内カラーにポジを預けたついでに、レモン社で買ったばかりの中古Nikkor Ai50mmF1.4と、最近お気に入りのフィルムPortraのテスト撮りをしました。
晩夏とはいえ、炎天下で頭がクラクラするほど暑かったので早々に切り上げました。
昼飯どきだったので近所の寿司屋(回転しない)に入ってビールと1.5ランチを食しましたが、ネタが小さくまずい寿司でした。回ってないからといって旨い保証はありません(笑)

20060831123646.jpg

+ Read More

SNSが楽しいらしい

20060831111945.jpgmixi(ミクシィ)などのソーシャルネットワーキングが楽しいらしいですね。
既存の参加者の紹介が必要だったり、自分のプロフィールを公開したりする点で、匿名を前提にした掲示板とは異なるようですが、しかし、それでいったいどこがおもしろいのか想像できません。わたしは自分のプロフィールを公開することにやぶさかではありません。ただ、そうしたからといって特に何かが楽しくなるとは思えません。楽しくなるんでしょうか?
正体をさらすということなら、このブログでわたしの正体はかなりさらけだしています。ハンドルネームか本名かはあまり関係ないと思います。わたしが有名人ならともかく一般の人間が本名を明らかにしてもそれはハンドルネームに変わる記号以上の意味を持たないでしょうから。
SNSって、共通の趣味でつながる出会い系サイトのようなものですか?(本当は出会い系サイトについても知らないんだけど)。web上でお友達になって、友達の輪を広げて、それで話題がいつまでも続くんだろうか? 仲違いや反目や、けんかになったりしないのだろうか? 人ごとながら心配になります。

お試し入会も出来ないのでサイトを覗くこともできません。
根拠もなく言っちゃいけないんだけど、なんだかちょっと気持ちが悪い。でも、それはたぶんわたしの誤解でしょうね。これだけ大勢の人が望んで参加してるんだから楽しいに決まってます。
ソーシャルネットワーキングの楽しさを知ってる方、情報キボンヌ。

デジタルカメラの来るべき未来

Photoshop搭載のデジタルカメラ。
これまでに何度も書きましたが、Photoshopで出来る修正・加工が、より簡単に手早く、誰にでもカメラ内部で出来るカメラ。それがデジタルカメラの近未来です。
デジタルカメラはますます多機能になります。万能になります。夕焼けは理想の赤になります。空は望みのままの空になります。料理はおいしそうに写ります。人物はスリムに小顔に足長に色白に健康色に…どうにでもなります。背景と人物を撮影と同時に合成して場所を変えることができるようになります。朝日は夕陽になります。昼が夕方に夜になります。誰にでも望みのままの写真が写せる(創れる)ようになります。
そして、写真がリアルな世界を写したものだとは誰も考えなくなります。デジタルカメラは嘘つきカメラになります。つまり写真はかっての写真でなくなります。それがデジタルカメラの進みつつあるゴールです。
解像度がどうの、手ぶれ補正がどうの、CCDサイズがどうの…と言ってる場合じゃありません。
デジタルカメラは写真の墓穴を掘っているのです。
合掌。

写真修正ソフトウェア「Design Gallery」を搭載した
Hewlett-Packardの新型カメラ


 Hewlett-Packard(HP)の新カメラ

カラーネガはオーバーに撮った方がいいか?

20060830144518.jpgカラーネガープリント
「カラーネガはオーバーに撮った方がいい」
フジカラーの社員がそう発言したことに驚いた人は少なくなかったと思います。
だれもが経験知から感じていた事実だからことさら驚くこともありませんが、フィルムメーカーの社員が公に断言したことが改めて考えさせる契機になりました。もっともこの社員は「Natura」の販売促進の思惑がらみでそう発言しただけだったと思いますが。
さて、そのカラーネガですが、『カラーネガプリント』によると、カラーネガだからといってオーバーに撮ってはいけないと書いてあります。あくまで適性露出で撮るべきだという主張は、どこか教科書的で感じが悪いけど、プリントのプロが言ってることだからそうなんでしょう。

+ Read More

森山大道 『昼の学校 夜の学校』

20060830092804.jpg『昼の学校 夜の学校』
森山大道

森山大道の最新刊。
学生との質疑応答をまとめた本です。
本人が、自分はティーティングプロじゃなくトーナメントプロのつもりだから、カメラの技術的な話はしないと言ってるとおり、カメラの技術論はまったく出てきません。先日、Nikon D80発表の会場で、あるプロ写真家が台上でニコンの営業顔負けの解説をしていたのを目撃したばかりだったので、「トーナメントプロ」発言に彼の写真作家としての自負が感じられて印象的でした。カメラや写真の本というより、はからずも人間森山大道の人生観が浮き彫りにされている本です。

+ Read More

見上げると秋の空でした…

grd

東京はまだまだ暑い日が続いていますが、空を見上げるとすでに秋の気配が感じられます。あっけなく夏が終わってしまいそうです。

+ Read More

ブログの検索機能を強化して欲しい。

t_bw06.jpg

新しいスキンになっていますが、これはこのテンプレートが検索機能の点で優れているからです。どこまでカスタマイズできるか不明なので、あくまでこのスキンも暫定的使用ですが。
これまで使ってきたテンプレートは「月間アーカイブ」の一覧表示ができませんでした。いきなり内容が開いてしまいます。これでは過去記事の検索の際不便です。
このテンプレートは「月間アーカイブ」をクリックすると「タイトル一覧」が表示されるのでこちらにしようかと考えています。
しかし、大きな画像にするとレイアウトが崩れるようだし、不具合があってカレンダーが表示されないので困っていますが…。

ブログで一番欲しい新機能は「カテゴリーの階層化」です。
今のブログはカテゴリーが階層化できません。カテゴリータイトルをクリックすると、いきなり内容が開きます。エントリー数が少ないうちはいいですが、1年、2年と更新しているとエントリー数が膨大になるのでそれでは一覧性が無くなります。そこで欲しいのがカテゴリーの階層化とタイトル一覧表示です。

+ Read More

「カメラ王子」と呼ばれたい(笑)

カンカチ王子」はないよなぁ…
言葉づかいは時代と共に変わるとはいえ、一般マスコミまでが2チャンネルの乗りで見出しをつけてちゃまずいでしょ。こんな言葉づかいが許されるのは2チャンネルかブログぐらいですよ。
あれだけ頑張ったんだから、「4連投王子」とか、「鉄腕王子」とか、他にいくらでもあると思うけどね(なんで「王子」なのかわからないけど)。こんなふざけたニックネームをつけるマスコミもマスコミだけど、それを受け入れるやつら(←やつらになっちゃった)もやつらだ。青いハンカチの人気が沸騰しているなんて自分の耳を疑います。

スポーツの内容と関係のないところでスポーツをおもしろがる日本のマスコミやスポーツファンには正直なところうんざりです。亀田戦のようなショーアップしたボクシングや、大リーグをお払い箱になった野球選手のパフォーマンスを喜ぶような、芸能とスポーツを区別できない連中(←連中になっちゃった)をスポーツファンとは認めたくないなあ。
ところで、ハンカチについては、わたしは断固として「袖でふけ派」です

NIKON D80体験セミナー

NIKON「D80体験セミナー」に行ってきました。
「買うにやぶさかではない」
とひさびさに感じたカメラでしたが…。
D80はニコンの最新技術が投じられているのでしょうが、このカメラを好きだと言える人間がNIKON社内にどれだけの数いるのでしょうか。そもそもカメラを好きな人たちが作っているんでしょうか。
オリンパスの米谷氏がOMシリーズにこめた情熱と愛情、ミノルタの谷井氏がTC-1に打ち込んだこだわりが最近のデジタルカメラ開発陣にはあるのでしょうか。
半年や1年で新しい機種と入れ替わるデジタルカメラに、かっての銀塩カメラのような愛情やこだわりをこめろというのは無理な要求かもしれませんが、技術的な性能やコストパフォーマンスの良さだけでは愛着の湧くカメラにはならないことをDSLRを手にするたびに感じます。D80を会場で触ってみて欲しいとは一度も感じませんでした。
もちろん、これはわたしの個人的な受け止め方でしかありません。単にDSLRが気に入らないだけかも知れません。
いずれにしても、これからも当分銀塩カメラで行くしかありません。

HI01
防湿庫の奥からMINOLTA HI-MATIC Eをひっぱりだすとフィルムが入ったままでした。現像してみましたがいつの撮影か思い出せません。1年以上は昔だと思います。線の細い描写は見事です。このROKKOR 40mm F1.7に惚れて、ライカ用Mマウントに改造した人もいると聞きます。
HI-MATIC Eは名機と賞賛されるものの、AEのみでマニュアル操作ができないことと、深すぎるシャッターストロークを残念がる声が多いようです。わたしも同感です。それとちょっとボディが大きいかな。HI-MATIC F程度だったらもっと使うんですが。

TC-1とGR1とGRデジタル

gr1


質感という言葉をカメラ趣味人はよく使いますね。ライカ使いは特に。
ライカの質感は工芸品のような趣もあるし、中身がずしっと詰まった精密機械のような印象もあります。たしかに魅力的ですよね、この感触は。

tc-1

さて、その質感ですが、昔と今では好みが大きく変化しました。
例えば、Minolta TC-1Ricoh GR1
以前は、TC-1の工芸品のような手触りや形にうっとりしていました。TC-1に比べてGR1の安っぽさはあきれるばかりでした。いったいGR1のどこが高級コンパクトやねん、全然安っぽいやないか、と。
それが今では自分でもおかしいぐらい変化してしまったんですねえ。
ええ、GR1の方がいいんですよ。
なぜ好みが変化したかを考えると、やはりカメラは道具なんで、気兼ねなく使えるカメラの方がいいわけです。ライカもTC-1も(CONTAX T2も加えましょうか)、質感は抜群だけど、その高級感が実際に使用する段になるとかえって使いづらいんですね。少なくとも私的には。

+ Read More

サーキュラーPLフィルターの正しい使い方とは?

KAMAKURAGA
Photoshopでコラージュ

昨日張り切りすぎたせいか、今日はなんとなく体がだるいです(笑)
夏だし、空を青く仕上げようと思って鎌倉撮影ではサーキュラーPLフィルターを使いました。逆光には効果がないという話ですが、委細かまわずくるくる回してすべてのカットに使いました。
このPLフィルターが失敗だったようです。

+ Read More

鎌倉素泊まり撮影行02

port01
稲村ヶ崎  PENTAX MEsuper kodak portra160vc

port02
鎌倉高校前駅 PENTAX MEsuper kodak portra160vc

port05
鎌倉高校前駅 PENTAX MEsuper kodak portra160vc

鎌倉素泊まり撮影行

kamakura01
記念スタンプ代わりに、まずはお約束の鎌倉大仏様 Pentax MEsuper

鎌倉から無事帰ってきました。
天気予報とは違い、二日間とも厳しい炎天でしたが、喫茶店に逃げ込むこともなく、熱中症にもならず、疲れを知らない子どものように(笑)撮り歩きました。
老体も大事に使えばまだまだ捨てたモノじゃないと自信がつきました。それが今回の一番の成果かも。

kamakura04
長谷寺 Ntura Black
kamakura03
鎌倉高校駅前 MEsuper
kamakura02
稲村ヶ崎 MEsuper

とりあえずはご挨拶代わりに2~3枚アップ。
残りはまたのちほど…

少し留守にしただけでスパムメールがどっさり…
いい加減にしてほしいですな。

鎌倉一泊小撮影行

VIST01
NIKON FE2

これから鎌倉へ出かけます。
今回は、里山など自然の中へ出かけて、山小屋に泊まりたいと思っていたんですが、連日のこの暑さだし、昨年から50肩・ブログ痛とたてづづけに体調不良にみまわれたせいで体力にまだ不安があります。それに、どうも出かけるのに気乗りしないんですね。プールで泳いで、冷房のきいた近所の喫茶店で本でも読んでるのが一番快適、というのが正直なところです。
しかし、すでに夏も終わりかけているので、夏の区切りとして撮影小旅行をしたいと考えておりました。
で、鎌倉になりました(笑)
鎌倉では旅行になりませんな。何度も行ってるし。
しかし、今回は1泊することにしました。泊まりがけで撮影してきます。江ノ電沿線をぼんやり考えていますが、具体的な撮影地はいつものとおり未定です。ぶっつけ本番、なりゆき撮影こそ正統派スナップ術だと思っていますから。
暑かったら即刻中止してキンキンに冷やされたビール」という魅力的なオプションも用意しております(笑)

考えた末、持って行くカメラは、

PENTAX ME Superと、レンズ35mm、50mm、135mm
Ricoh GR1
Ricoh GR Digital
NATURA Black

といった顔ぶれです。
Pentaxはレンズも小さいので楽です。
お気づきのように、広角はコンパクトカメラ、標準~中望遠は一眼レフという陣容です。コンパクトカメラがなぜ3台あるかについては「なぜコンパクトカメラは3台必要なのか?」に詳しい(笑)
せっかく一泊するので、NATURA Blackに1600を詰めて夜の鎌倉も撮るつもりです。今日明日と曇の天気予報がちょっと気になってますが…

それではとっとと行って参ります。

Farewell, My Lovely.#001 【CONTAX 139Quartz】

さらば、愛しきカメラよ#001
C8

とてつもない数のカメラを所有している人たちはいくらでもいますから、わたしの持っているカメラの数など可愛いものですが、これまでわたしもそれなりの数のカメラを手にしてきました。しかし、もともとコレクター体質ではないので、必要以上のカメラを所有することはどちらかというと心理的負担でした。買ったままあまり使わないカメラがあると気になってしまい、それはいい気分のものではありませんでした。ですから、せっかく買ったカメラを執着もなしにさっさと手放すこともありました。今となってみると、もっと使えばよかった。やはり手元に置いておけばよかったと思うことがあります。
そうした、十分に愛情を注げないまま手放してしまった愛しきカメラたちに改めて言ってやりたい。
Farewell, My Lovely.…

C1CONTAX 139Quartz
銀座レモン社で購入しました。
CONTAX一眼レフカメラのボディにはたいていラバーが巻かれています。滑り止めには良いとしても、感触がいまいちで、それに汚れやすいので、このラバーが嫌でした。その中で例外的に139Qは革でした。この革は柔らかく指にしっくりなじんで気持ちがよかった。
139QはCONTAXの小型一眼レフ機シリーズの始祖にあたります。重さが500gしかなく、小型機シリーズの中でもとりわけ軽量です。試しにOlympusOM-1の革ケースを付けてみるとぴったり合いました。同じサイズなんですね。1979-1989年の10年間発売されていたようです。レンズもやはりレモン社でPlanar50mm F1.4を買いました。

C6

C7
鎌倉材木座海岸 2005年夏  横位置画像はすべてクリックで拡大

+ Read More

暑いけど、夏の青空は好きです。【青空コレクション#01】

KODAK01
クリックで拡大

夏真っ盛りのすばらしい青空なのに、旅行に行けないので近所の空ばかり撮ってます(笑)
日常まるだしの電線の向こうに、青い空、白い雲…、最近この構図がお気に入りです。電信柱や電線を邪魔者扱いしないで、個性として積極的に取り入れる。逆転の発想(爆) ハワイやバリ島の青空もいいけど、身近な場所で見る夏の空も捨てたものじゃありません。

KODAK03
Ricoh GR1

+ Read More

またまた外付けハードディスクがお釈迦に…

OGASAWARA


新たに買った外付けハードディスクがまた壊れちゃった。
買ってからまだ1週間なのに…。不良品だったのね。
デジカメ画像専用のディスクにしようとどんどんコピーをため込んだ矢先にこれですからたまりません。
コピーしてもフォルダだけで中身のファイルがなかったりしたのでおかしいとは感じていたんですが、昨日、ディスク自体が認識されなくなり、あっさりと消えて無くなりました。本体には電源が入っているし、振動も感じますが駄目なようです。そりゃ工業製品だから不良品があっても不思議はないけど、外付けハードディスクってヤツはつくづく信用できないなあ!
少しはましな外付けハードディスクのブランドを知ってる方教えてちょー。

GRD失われたフォルダ発見!

今日もホント一日暑うございましたな。
ジトゥゥッ~とした不快な蒸し暑さでした。
ここは熱帯か?
たまりません。

GRD030
クリックで拡大します。

ふぅ~、やっと見つけました。
失われた2005年10月~11月のGRDigitalフォルダを。
発見できたのは優れもののファイル検索ソフトのおかげでした。少々高いシェアウェアでしたが今回その真価を発揮してくれました。
ありがとう「Turbo Searcher」(3990円)。

GRD005

GR001

GRD003

しかし、20枚ほどの画像が開けません。アイコンは見えるのですが、コピーの際にファイルが壊れたようです。その20枚の中に傑作があったと思うのは気のせいでしょうか(笑)

渋谷センター街 2005アーカイブ

20

やはり、外付けハードディスクとともに昨年11月分のデジカメ画像フォルダが無くなってしまったようです。
GRDIGITALは昨年10月21日発売なので、昨年の11月はGRDを買った直後の月ということで、GRDで撮った画像が一番多い月でした。よりによって一番大事なデータが消えるとは困ったことです。むむ無念なり。

14

残っているのは、「カメラ的日乗2.0」にアップした画像だけです。
これだけでも残っていてよかったと思うしかありません。(逃した魚は大きいんだよなあ(涙)
あらためて見ると、意図して撮ったわけではないですが、渋谷センター街の若者の風俗のフォトドキュメントとして見ることもできると思います。あと10年もすると記録的価値がでるかも(笑)

10

02

初出は、1~4回に分けてアップしたものですが、「OLD SUIGEI」にいっきにまとめてアップしました。既出画像ではありますが、暇なときにでも立ち寄ってみて下さい。「OLD SUIGEI」へのリンクはサイドバーにあるTC-1の写真をクリック。画面右のCategoriesの「GRD 2005 in SIBUYA」をクリックして、その後中央にある「archives」をクリックするとサムネール一覧が見られます。

どうやら、ネット上にデータを置いておくのが一番安全なようです。

信頼できる記録メディアの開発が急務だ!

自分のハードディスクが壊れたからってわけじゃないですが、結局わたしたちはデジタルデータを保存するための信頼できる記録メディアをいまだに持っていないという事実をもっと深刻に考えるべきじゃないですか。レイドなんて名前ばかりかっこいいけど、要はひとつじゃ心配だから複数バックアップするだけの話で、レイド5にしたってハード面での記録メディア自体の信頼性が 向上するわけじゃないですから。治安の悪いアパートのドアにいくつもの鍵をとりつけてるようなものでしょう。
CD-RやDVD、MOにしたってどれだけ信頼できるものなのか。第一、デジカメが1000万画素時代になってみるとこうしたメディアでは容量が少なすぎます。書き出し/書き込みソフトの将来も心配になります。

ま、このへたれブログで大それた事を言ってもしょうがないので、現実的にはこんなハードディスクが手軽でいいかなと思います(もっと安ければね)。

レイド

ふたつのハードディスクドライブを搭載し、2台の別々のドライブに二重に同じデータを書き込むミラーリング(RAID1)に対応。もし片方のドライブが故障しても、大事なデータを失いません。添付のセキュリティソフトやバックアップソフトなど安心機能が満載のハードディスクです。

これはメーカーのセールストークですが、しかし、先日東京電力も同じ事言ってませんでしたか?
送電線はふたつあるので、一方が駄目になってももうひとつがバックアップするって…、でも結局停電になりましたよ。脆弱なモノをふたつにしたって信頼できないのでは?
グーグルは世界をデジタルで整理する野望を公表してるし、政府の公文書もデジタル化が進んでいる昨今、急務なのは脆弱なハードディスクに変わる信頼性のある記録メディアの開発じゃないでしょうか。
「ないでしょうか」って、このブログで叫んでみてもしょうがないんですが、言いたいのは、大容量ハードディスクが安くなったからといって喜んでる場合じゃないぞって話ですよ。
自分のハードディスクが壊れたからってわめいているわけじゃないですからね。あくまでデジタル時代を大所高所から考えて心配しているわけです(笑)

またひとつ、外付けハードディスクが…

昨日は、どしゃぶりの雨と晴れ間がせわしなく入れ替わる変な天気でした。
午後になってからはどしゃぶりの方が多かったかな。まだ台風の影響は東京まできてないはずですが、今も雨が降っています。
明日も雨のようなので撮影に出かけることはできません。もっともピーカンだとしても暑いので行かないと思いますが(笑)

FE205

今日の画像は昨年9月に新宿で撮ったものです。カメラはNIKON FE2 フィルムはFORTIAで増感2段です。ほとんどは『カメラ的日乗2.0』に一度アップしたものです。好みというのは時間とともに変わるものですね。昔は地味な色合いとトーンが好きだったのに、いつの間にか、FORTIAを増感してハイコントラストで派手な写真を求めるようになってしまいました。
ま、人間そんなものかも。

FE211

FE202

なぜ古い画像をアップしたかというと、さきほどまで古い外付けハードディスクにある画像の整理をしていたからです。なぜ整理をしていたかというと…


+ Read More

とにかく暑い! (GR1)

GR022

蒸し暑くてな~んにもする気になりません。
毒をもって毒を制すじゃないですが、サウナに行って汗をかいたりしてます。プールで泳いでもいますが、夏休みのせいで混んでいます。みなさんどこにも出かけないつもりなんでしょうかねえ。わたしは世間の夏休みが終わった頃にささやかな旅行に出かける予定です。

GR008

Ricoh GR1が続きます。
コンパクトカメラではこのGR1がマイフェイバリットカメラに決定です。
GRDigitalもいいですが、フィルムGRの方がさらに好きです。
フィルムGRのプログラムラインは、EV3からEV9までF4.0に固定されています。
「シブイッ」としか言いようがありませんね。こんなカメラは他に無いと思いますよ。たいていのカメラは少し暗くなると開放F値になるのが普通です。プロのこだわりが感じられます。

+ Read More

検索エンジンを制する者がwebの覇者となる。

webのリソースは日々膨れあがるばかりです。
必要とする情報に、より容易にたどりつくにはどうすればいいか?
ディレクトリ型検索を駆逐したgoogle巡回型検索ロボットは今のところ勝ち組ですが、アクセスとリンクの多い記事ほど重要であると判断するGoogleの検索結果は万能でしょうか?

例えばこれを見て下さい。
先日の東京大停電を検索しました。キーワードは「停電」です。

kizasi停電

まず、最近お気に入りの「kizasi」で検索すると、このようなキーワード&関連語が表示されます。「送電線」が大きな文字で表示されていることから、停電の原因が送電線事故であることが予想できます。大きな文字はそれだけブログでの言及が多かったことを示しています。「電車」が大きなことから電車が止まったことも予想できます。「びっくり」した人が多かったこともわかります(笑) 事故原因を知らない場合、「クレーン船」という意外な文字が大きなことにも目がいきます。
一方で、「駒大対青森山田」という関係のないキーワードを拾っていて、バグがあることもわかります(笑)
これら各々のキーワードにリンクしたブログ一覧が示されますから、詳しい内容はブログでチェックできます。


こちらはGoogleで検索したスクリーンショットです。

+ Read More

マッチポンプ

8月15日。
この日が何の日か知らない若者も少なくないんでしょうね。
今年の靖国参拝問題は例年以上に嫌な感じがします。

「マッチポンプ」
ほとんど死語ですが、メディアの靖国神社参拝の取り上げ方を見ていてこの言葉を思い出しました。WEB辞書では、マッチポンプの定義を下記のように説明しています。

「自ら起こした揉め事等を“鎮めてやる”と持ちかけて利益や自己満足を得ること。自作自演。」
「自らマッチを擦って火をつけておきながらポンプで消す。という意から。」

こんな話があります。
テレビ局がデモの取材に行くかどうか局内で検討していたとき、上司が
「どのぐらいの規模のデモになるんだ」
と聞いた。部下の答えは、
「われわれが取材にいかないとデモは行われないんです。」
テレビに映るから、世間に注目されるからデモが行われる。
この場合はテレビ取材がデモを作り出しているようなものです。

小泉さんの8月15日の靖国参拝をめぐる状況もそれに似た印象をもちます。
テレビがおおげさに騒ぐから、注目が大きくなるから、劇場型首相は意地になって8月15日の参拝を実行した。小泉さんが参拝したから、メディアはさらに大きくとりあげる。この場合、メディアは火を消すことなく油を注いでいるわけですから、「マッチポンプ」と呼ぶのは適切ではないですね。「マッチ油」です。
加藤紘一議員の自宅が放火されたのも靖国参拝と関係があるようで、実に嫌な感じがします。

ソーシャルブックマークとは?

かって京大型カードを知的生産ツールとして使ったこ経験のある中高年世代からすると、今のデジタル時代はひとつの革命です。
WEBは理想の「リファレンスブック」ですし、収集した情報の整理や検索は自由自在ですし、京大カードやスクラップで情報整理をしていた世代からすると本当に夢のようです。
しかし、京大型カード世代の多くがPCに不慣れなことは残念です。PCやインターネットの基本操作は簡単なので、PC恐怖症の中高年の方も思い切ってチャレンジされることを強くお勧めします。
もし昔からPCやインターンネットがあればもっと頭のいい人間になれたに違いない…と考えるのは言い訳でしかありませんね、ハイ。

話は変わりますが、
「ソーシャルブックマーク」などというものがどうして必要なのか? 
それが理解できませんでした。
しかし、やっと自分なりの納得がいきました。
これって「まとめサイト」の一種と考えればいいんですね。一般の人が膨大なネット情報におのおのアクセスするのは大変なので、それなりにコンパクトに整理された情報を求める人のためにあるわけですね。その意味では先日紹介した「kizasi」と似たようなものなのですね。グーグル検索のような膨大な検索結果ではなく、ある程度コンパクトにカテゴライズされているため、初心者用の情報収集の玄関として存在価値をもつと、そういう理解でいいですか?(誰に聞いている?)。


ところでこの「カメラ的日乗」をRSSリーダーで読んでくださっている方にお知らせです。
最近「カメラ的日乗」はブログをすっきりさせるため後半の記事は「…続きを読む」以降に移しました。RSSリーダーでは「…続きを読む」がフィードされないようなので一応お知らせしておきます(どうせたいしたことは書いてないですよ)。

暑中お見舞い申し上げます。

GR2

今朝の停電には一日の調子を狂わされました。わたしの地区はすぐ復旧したのでよかったですが、PCも扇風機も冷蔵庫もみんなダウンした部屋でしばらくボーゼンとしていました。普段からいかに電気に依存した生活をしているか思い知りました。

クレーンが送電線に引っかかったのが原因でした。 東京電力は、送電線は2系統あり、一方が損傷しても、もう一方が予備の役割を果たすが、今回は2系統とも損傷したと説明しています。その説明でいいのかね東京電力。大都市のライフラインにしてははあっけないほど脆弱ですな。東京殺すのにテロはいらない。クレーンの3台もあればいい、ってなものではないか。
夏休みなのでまだ寝ていた人が多く、クーラーが切れて寝苦しくなって停電に気づいたらしいですね。わたしは5時には起きていました。寝るときにクーラーは使いません。

GR4
GR1 PORTRA VC400


+ Read More

停電

午前7時45分頃、PCに向かってエントリーの原稿を書いていました。突然、ブチッという不気味な音とともにモニタ画面が真っ黒になりました。ブレーカーが落ちたのかと思って調べましたが異常なし。冷蔵庫も停止していました。窓から向かいのコンビニを見下ろすと店内が暗い。停電です。
前回停電を経験したのはいつだったか思い出せません。
テロ? と一瞬思ったのはご時世ですね。
日本はいろいろあっても、ゴミは回収されて町は清潔だし、電車は定刻通り走るし、電気やガス、水道のライフラインが止まることはないので、基本のところが大丈夫だと思っていましたが。それもあてにならない気がしてきました。
電気は10分後に復旧しましたが、どういうわけかテレビが今も映りません。
古いテレビなので停電のショックで逝ってしまったのかもしれません。ラジオも音はでるものの電波が乱れているような気がします。
停電は、世田谷、新宿など広い範囲でおこっているようです。
電車も止まってい区域があるようなのでお出かけの方はご注意下さい。
「ゆりかもめ」は止まっています。運転手のいない自動運転ですから、乗客は不安でしょうね。エレベータに閉じこめられた人もいるはずです。
以上、番組を変更して、臨時ニュースをお伝えしました(笑)

「まとめサイト」というサイト

kizasi
kaizasi

今年の2月に「2チャンネル」の投稿規約が改定されて、投稿内容の著作権が管理人の西村博之氏に移行しました。これを受けて、2チャンネルの「まとめサイト」の管理人たちが自己のサイトを次々と閉鎖する事態が発生しました。「まとめサイト」の中には月300万円も稼ぎ出すサイトもあった(本当?)と報じられていることから、webの膨大な情報の海から必要な情報を選び出し、コンパクトに整理し配信してくれるサービスへの需要の大きいことがうかがえます。
個人的にも、今回の亀田問題でwebサーフしていて、「亀田のまとめサイト」に助けられた経験をしたばかりです。 最近出会ったサイトの中で最もおもしろかったのが「kizasi.jp」です。
ブログのRSSフィード配信は記事投稿の1分後にはもうブログ検索の対象になります。この流通の速さとオープンさがブログ情報の特徴です。kizasiはそのブログを情報源とするまとめサイトの一種です。

+ Read More

「ブログ検索」お断り(笑)

ブログ専用の検索サービスってのがありますね。
「Yahoo!ブログ検索」で試しに「カメラ的日乗」を検索してみたら、エントリー記事が時間順にずらっとヒットしました。壮観です(笑)


ブログ検索


次に「web2.0」で検索してみると最新エントリーの『「あちら側」が見えてきました』がひっかかりました。時間の新しい順に検索されるわけですからこれは当然なのですが、しかし、web2.0のエントリーといっても、わたしのはお気楽写真ブログの余談としてしゃべってるんですからねあくまで。それがいったん検索サービスで検索されると、その辺の事情は相手にはわかりませんよね。ばりばりのビジネスマーケッターやIT専門家の書いたエントリーに混じってわたしのお気楽WEB2.0関連の記事が出てくるんですよ。たまりませんね、これは。
うーん、ブログ検索サービスは「カメラ的日乗」の天敵です(笑J

普段から「カメラ的日乗」を見てくれている人だけに見てもらえればわたしは満足ですし、それを前提に書いています。「ブログ検索」でやって来た一見(いちげん)さんはお断りいたします(笑)



カレンダー(月別)
07 ≪│2006/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。