カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENTAX K-7 動く被写体を撮る際のカメラの設定


午前6時半。さあ、これから朝飯をゲットしないと。田代島 PENTAX K-7 SIGMA18-50mm f2.8

動く被写体を撮る際のカメラの設定をどうするか。これまで特に考えないでいいかげんに撮ってきたけど、ちっとは成長しないと。
設定
1)フォーカスモードをAF-Cにする。あるいは、AF-Sで「AFボタン」をカスタム2にする。
2)測距点選択は中央一点かそれともオートか、これは実際にやってみないとわからない。とりあえずオートに。
3)AF-Sモードで、「AFボタン」を押している間はAFを無効にする(カスタム設定2)。(AFで撮った後、AFボタンを押してMFに切替え、”人力式ピントブラケット”をするため。「フルタイムマニュアルフォーカス」のできるレンズでは必要なし)
4)ISO感度を上げてシャッター速度を速くする。
5) 連続撮影HIにする(これはあまりしたくないけど)
※TIPS
AF-Sモードは合焦しないとシャッターが押せないが、「AFボタン」をカスタム2に設定すると合焦しなくても押せるようになる。

ペンタックスのAF合焦速度や動体予測の精度は(キヤノン・ニコンと比べたら)あてにならないというのが世間の定評なので、スリルのある設定ですが、とりあえずこんな設定で動く猫を撮ってみます。

TOSA1362.jpg
じっと待つ。


Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1628-e96beee8

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。