カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISO3200を使うことはまず無い(はずだ)


葛西臨海公園 PENTAX K-7 DA50-135mm f2.8

秋は新製品の季節。
このところ新製品の発表で話題になるのは高感度耐性ばかりでISO3200、6400のサンプル画像が比較されて論議になったりしている。しかし高感度耐性ばかりが突出して話題になりそれでもって製品の評価が左右されるのはかなり異常なことではないかなあ。いくら高感度時のノイズが減ったって、可能な限り低感度で使用するのが普通で、ISO100で撮れるのにわざわざ1600で撮ったりはしない。室内のスポーツシーンや夜の撮影など特殊な撮影以外は3200や6400はを使うことはまずないだろう。ノイズが減ったといったって低感度の画質の方が優れているわけだから。高感度耐性より大事なことがカメラにはいくらでもあるはずなんだけどね。

しかしかく言う私もK-5の高感度耐性が2段分進化しているとの新製品情報を喜んでいる一人だから偉そうなことはいえない。だがそれだけのためにK-7から買い換える必要があるのかどうか思案しているところなのである。ただ私のメインテーマである猫は暗い場所にいることが多いのでISOを安心して上げられることは間違いなく魅力的である。明るいレンズを使うとか手は他にもあるのだが明るいレンズを買う方がかえって高くついたりするからやはりここは思案のしどころなのである。

ところで上の画像だけど、ファインダー視野率100%+電子水準器が無いとこんな構図は無理です。垂直がちゃんとでてるし、尖頭は狙い通りぎりぎりのところで画面に入っています。いいかげんなカメラマンには大助かりです。

Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1730-24850ef7

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。