カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DA16-50mm f2.8への未練なのである


PENTAX K-7 SIGMA18-50mm f2.8

数カ月を振り返えるとこのSIGMA18-50mm f2.8を使うことが多かった。たまに75mmより長い望遠や21mmの広角が欲しくなることもあったが、贅沢を言わなければこれ1本でも十分な気がする。十分と言っても、この画角レンジのズームレンズがあれば十分という意味であってSIGMA18-50mm f2.8に全面的に満足しているわけではない。特に不満があるというわけでもないがイマイチと感じることもままある。アンダーに写るのも気になる。

普通なら純正のDA16-50mm f2.8にするのが順当なのだが、このDAレンズは良い評判を聞かなかったので、tamron 17-50mm f2.8とも比較して(というか比較した雑誌記事を読んで)最終的にsigmaに決めたのだった。コンパクトで最短撮影距離が一番短かったことも選んだ理由だ。

今感じている問題はsigmaの描写というより、本当はネットでDA16-50mm f2.8の画像を見て言われているほど悪く無いと感じたのに他人の批評を優先してsigmaにしたことに若干の後悔があることなのだ。批評どおりDAレンズの出来は良くないのかも知れない。しかし自分の眼で見たサンプル画像を信じてDA16-50mm f2.8に決めなかったことがこのレンズへの未練となって今も気分の悪さを引きずっているのである。

Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1731-23501257

Comment

| | 2010.09.30 22:16
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。