カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DP1xの近況について


有楽町 Sigma DP1x

DP1xの30cmの最短撮影距離は普通のコンパクトデジカメに慣れた身にはやはり不便に感じる。そこでクローズアプレンズをAmazonに発注した。フードアダプターがないとレンズが装着できないから一緒に買ったがこちらはかなりかさ張る(まだ手元に届いてないが)。アダプターをつけたらもうコンパクトとは言えないサイズになるからクローズアップレンズを外に持ち出すことはあまりないだろう。

Rawで撮った場合の書き込み時間が長い。正常だと5秒ぐらいか。「正常だと」とわざわざ言ったのは不具合が発生しているからだ。jpegだと問題はないがRawだと30秒もかかってしまう。撮影中の30秒は3分に感じる長さだ。このままではとても使えない。ところが撮影直後にレンズを暗い方向に向けると多少書き込みが速くなると価格コムで教えてもらった。なんとまあ想定外の現象なので驚いた。そのうちファームアップで改善される見込みなのでそれまでは我慢だ。

SDIM0038.jpg
有楽町 Sigma DP1x

DP1x以外のカメラではそもそも書き込み時間を意識することもなかったのでDP1xを使っていると昔を思いだす。起動時間の長さからしてストレスを感じていた頃もあったなあ。センサーも300万画素だったり、背面液晶も小さく荒かったりして…ああ、あの頃に戻りたい…なんてことは考えないけど、あの頃はあの頃なりに楽しかった。カメラが進化したからといってその分楽しさが増えたとは感じない。
最近ではデジカメもすっかり欠点がなくなって、銀塩カメラのフィルム描写の「味」と比較でもしない限りもはやケチのつけどころがなくなった。最新のデジカメはどれもすでにオーバースペックといってもいいと思うが、それでもネットを覗くと貪欲な要求が充満しているのでみんなのカメラに対する情熱はすごいなあといつも感じている。

最近は高感度ISOが普通になってISO6400といった超高感度の画像比較を見かけたりするが、こんな高感度で撮る人が多いのだろうか。あっという間に超高感度が当たり前のようになってしてしまったけど本当に必要なのだろうか。暗視カメラじゃないのだから個人的にはISO1600でそれなりに撮れたら十分満足だ。でも日本のユーザーの注文の多さがメーカーを育てているところもあるんだろうから貪欲な要求は悪いことじゃないと思う。
DP1xは不便だが今のところ気に入っている。

Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1744-96040238

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。