カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタックスの歴史に残る名機はK-7だ


岡山県真鍋島 PENTAX K-7 DA50-135mm f2.8 IOS400

K-5が絶賛されるのはいいけど、そのたびK-7がダシにされていることが多いので一言。
K-5が高感度画質の点でK-7に大きく水をあけているのは確かだ。しかし私はK-7を買った時の満足度の方がK-5より大きかった。よく写るなあと感じたのもK-7だった。高感度画質以外の点ではどうしても買い換えなければならないほどのおおきなメリットがK-5にあるかというと疑問だ。K-5はK-7の進化形ではあるがそれ以上ではない。普段の撮影でIOS3200や6400といった超高感度が必要でなければK-7はK-5と大して変わらない。新製品はえてしてご祝儀相場の評価がなされるものだからK-7ユーザーは話半分に聞いておけばいい。高感度画質に弱点はあるがペンタックスの歴史に残る名機はK-7の方だと思う。

manabe03.jpg
岡山県真鍋島 PENTAX K-7

個人的には猫を撮ることが多いので、AF-Sモードでレリーズ優先が選べるようになったところが一番重宝している。K-7ではピントが合わないとシャッターが押せなかったのが辛かった。キャンデッドフォトグラファーだからピンぼけでもなんでもとにかくシャッターを押さないと始まらないのである。

Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1822-e053de3e

Comment

SCHOP | URL | 2010.11.06 20:34
よさこいや流鏑馬は被写体ブレが起きやすく、夜間、望遠という
条件で撮影なので高感度はとても魅力的に見えます。
K10Dで流鏑馬を撮影した時はISO1600でもつらいものがありました。
明るいレンズを使えば良いのですが、明るいレンズは高価ですね。
K-7はピン合わないとシャッター切れないのですか。自分は今
マニュアルレンズのA-28を主に使っているのすがピンボケ写真
オンパレードです。マニュアルフォーカスモードでも切れないと
困りました。
土佐の酔鯨 | URL | 2010.11.06 21:56 | Edit
SCHOPさん、
マニュアルフォーカスならピントが合ってなくても
シャッターは切れますよ。
Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。