カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無人機が福島第一原発を上空から撮影。破損状況の鮮明な画像

無人機が福島第一原発を上空から撮影(3月24日)
破損状況の鮮明な画像。

Photos of the Day - Fukushima Dai-ichi Aerials



燃料棒を収納している圧力容器や格納容器はきわめて頑丈に作られていますが、容器と繋がっている冷却系の膨大な数の配管やバルブなどは容器の外にあります。今回の地震と津波と水素爆発で容器の外の多数の機器が破損して危険な状態になっていてもなんら不思議はありません。例えば自動車のエンジンだけがいくら高性能でもブレーキやタイヤに不備があれば危険な状態で走っていることになるのと同じです。
この大破した建屋を見るかぎり例え格納容器が無傷だったと楽観的に考えたとしても、他のさまざまなカ所が深刻なダメージを受けたと推測するのが普通の受け止め方でしょう。

KAKUNO.jpg

新聞・テレビのポンチ絵を見慣れると誤解しがちですが、原発は想像以上に巨大で複雑極まりない施設です。上の格納容器の画像からもそのことが伺えると思います。

数字的にはこんな具合です。
原子力発電所の物量(100万kW級)
熱交換器140基
ポンプ360台
弁3万台
モーター1300台
配管1万トン(170km)
溶接点数65000ヶ所
モニター2万ヶ所
ケーブル長1700km
(沸騰水型と加圧水型の平均)
日本原子力学会「原子力が開く世紀」より。

Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1953-e044370d

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。