カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府は「SPEEDI」によるシミュレーションを公開していなかった



政府が飯舘村などに放射性物質が多く流れると予測した16日の「SPEEDI」によるシミュレーション報告を公開していなかったことがわかりました。
放射能の拡散は風向き次第であり同心円で捉えることが無意味なことはもはや常識です。政府はデータを知りながらそれを隠蔽し飯舘村の子供たちを高濃度の放射能に晒したことになります。
不確かな情報は無用なパニックを引き起こすからという政府の説明は口実でしかありません。そもそもこの日のためにあるような最新技術である「SPEEDI」のシミュレーションを疑う理由がわかりません。それにこうした情報は念のため最悪の事態を予測して行動すべきなのです。もし自分の子どもや家族がそこに住んでいたらとの想像力が彼らに少しでもあったら情報開示していたに違いありません。最新テクノロジーの粋を集めたシミュレーションを非公開としたことの説明責任が問われることになります。

追記:
日本で調査を行なっているIAEAも飯舘村の地表の放射性含有量が人体に影響を及ぼす可能性が高いレベルであるとして、日本政府に避難勧告を出すよう求めていますが、日本政府はそのIAEAの「勧告」を拒否しています。福島第一原発から40キロメートルにあるこの地域に対して政府は今も避難指示等を一切出していません。

現地に入って取材を続けているフォトジャーナリストの広河隆一氏は、
「とにかく、政府にお願いしたことはひとつだけです。小さなお子さんと妊婦さんだけでも避難させてほしい。彼らは放射能に弱い人たちです。将来の日本のためにも、子供と女性の退避、これだけがお願いです」
と訴えています。飯舘村の住人は4000人と言われています。

Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1964-ae46b2e9

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。