カウンター
[PR] ポイントサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホウ素」という文字が出てきたら逃げる準備が必要

「原子炉の爆発には、核爆発・水素爆発・水蒸気爆発があります。そして爆発する場所としては、建屋・格納容器・圧力容器の3つがあります。
もっとも危険なのは「圧力容器内の核爆発」で、これを止めるには「ホウ素の投入」が必要です。ですから「ホウ素」という文字が出てきたら逃げる準備が必要です.

(「原発 緊急情報(51) 窒素を入れた理由と影響」武田邦彦氏)
http://is.gd/a46K4N 

私は東京都23区内に住んでいるので、どうしても東京中心の話になってしまいますが、ホウ素を入れ始めても逃げるつもりはありません。
しかし1号機が爆発したら東京や東京以北がパニックになる可能性は否定できません。水道水がやられたら他が無事でも住人は生きていけないし経済活動もストップしますからその後のことはわかりません。そうなった時点では西側への道路は渋滞して動けなくなっているでしょう。小さな子供のいる家庭は「ホウ素」を「疎開」の最後通告だと思った方がいいかもしれません。ただしマスコミがその事実をリアルタイムで報道するかどうかはあてにできません。アンテナを高くしておく必要があるでしょう。

個人的には爆発する可能性は高くないと思います(素人判断ですよ)。
今も圧力容器に亀裂が入っているようですから爆発はしないで漏れ続けることの可能性が高いと思います。つまりだんだんと放射能漏れがひどくなる「だだ漏れ」状態が続くことになると思います。しかしこれは爆発よりタチが悪いかもしれません。放射能は目に見えず匂いもないので徐々に悪化するとそれを気づかないまま「茹で蛙」になるからです。もうある程度「茹で蛙」になってしまっていますが…。
政府が「疎開」を勧告するころには手遅れになっていることだけは間違いありません。


Trackback

Trackback URL
http://suigei.blog10.fc2.com/tb.php/1977-f7ffe347

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
データ取得中...
.
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
猫の写真館 * 猫町
Google 検索

WWW検索 ブログ内検索

全記事(数)表示
全タイトルを表示
東京の天気予報
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。